smile days ~ありふれた日々の幸せ~ 

再び福岡、太宰府天満宮へ。

いよいよ、この旅のフィナーレ!
再び福岡に帰ってきました。
真っ直ぐにむかったのは、太宰府天満宮。我が家と太宰府天満宮には切っても切れないご縁がありまして、、
(どんなご縁かは内緒です。(笑))
多分、福岡に帰る度に行っているんじゃないかな?
子供達の大学受験時には大変お世話になりました!
今回は娘の合格の御礼参りも兼ねています。もう入学して1年半も経ってしまいましたが…( ̄▽ ̄)

b0261818_17541233.jpg
参道の様子。
b0261818_17541424.jpg



境内へ入って、
b0261818_17541370.jpg

b0261818_17541448.jpg
本殿。
b0261818_17541531.jpg
本殿 右にある木が御神木、かの有名な飛梅です!
b0261818_1754163.jpg

東風(こち)ふかば にほいおこせよ 梅の花

あるじなしとて 春な忘れそ(菅原 道真公)

道真公を慕い、都から飛んで来たと云われている飛梅。
広大な境内にはこ〜んな巨木もたくさんあるのに
b0261818_17541640.jpg


小さくて健気な飛梅ちゃんが御神木なんですね〜。

ところで ところで!
実はまだ黒田官兵衛巡りの旅は終わってなかったのですよ!!

官兵衛は福岡城が完成するまでの間、ここ太宰府天満宮境内に仮住まいしていました。
当時 官兵衛は、すでに家督を嫡男 長政に譲り、如水と名乗っていました。如水は茶道や連歌を好み、この時 茶の湯で使っていた井戸が残っています。

如水の井戸
b0261818_1754174.jpg
…こんなおバカな写真しかなくてすみません…(*_*)。

如水社
b0261818_17541797.jpg
黒田官兵衛の御霊が祀られています。

このすぐ隣に建っている太宰府宝物館の中に、如水の詠んだ連歌が収められています。
夢想之連歌

松むめ(梅)や 末ながかれと みどりたつ

山よりつづく さとはふく岡

緑深い山々のように これからも末長く繁栄するように、との祈りが込められています。
この土地をふく岡と命名したのは他でもない、如水 黒田官兵衛だったのですね。

ん〜、今回も太宰府天満宮を堪能いたしました。ここは本当に何度来ても飽きるということがありません!
天神様〜、また来ますね〜( ´ ▽ ` )ノ

さて、今夜は博多駅のすぐ近くのホテルに泊まります。チェック インして荷物を置いたら、すぐ出掛けます!
まずはレンタカーを返しに行って、
お土産屋さんでお買い物。少しぶらぶらしてから、今夜の晩ご飯へ。
夫たっての希望で
b0261818_17541863.jpg
「博多 もつ鍋 やま中 本店」さんです。
私、もつ鍋屋さんに入るの、多分生まれて初めて!!
b0261818_17541888.jpg

もつ鍋屋さんですが、家族連れや若い女性のグループもいっぱい!
なんか想像していたのと違う〜。(もっとディープなお店を想像していました!)

濃厚な味噌味!美味しい〜〜!!
〆のラーメンまできっちり頂きました。

この後、中洲の屋台村を散歩して(ここも来るの初めて!)博多の夜を堪能してホテルへ戻りました。

翌日は朝8時台の飛行機に乗り、羽田へひとっ飛び!
今回は飛行機とレンタカーの移動だったので、とっても楽チンでした。

と言うわけで、これで今回の九州の旅の記録は終わります。
長々お付き合いくださって、皆様ありがとうございます(^-^)/

次回からはまた、ありふれた日々に戻りますので、よろしくお願いいたしますね〜♪
[PR]
by mat4yumi | 2014-09-02 16:23 |
<< この秋の初物シリーズ♪自家製イ... 黒川温泉から天領日田へ。 >>



家族や犬・ねことの暮らし、お料理、ガーデニング、旅など、日々の暮らしを徒然に。

by sungitta
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
シエナの街
from おいしい~Photo Diary
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧