人気ブログランキング |

smile days ~ありふれた日々の幸せ~ 

ストウブのお鍋で最初に作ったのは?

新しいストウブのお鍋♪

b0261818_18141465.jpg

一番最初につくったのは・・・
b0261818_18293965.jpg

雑穀ごはん♪

我が家では、ご飯はお鍋で炊きます。
いままでは、ビタクラフト(ステンレス多層構造鍋)で炊いていたのですが、どうしても吹きこぼれてしまいます。
それを見越して、お水を多めに入れるので綺麗に炊けるのですが、その度ガスコンロが汚れるのです。。

それを解決してくれるのが、このストウブ!
蓋がとっても重いから、少々じゃあ吹きこぼれません!

お鍋で炊く雑穀ごはん、
いい機会なので、詳しいレシピを載せておきますね。^^

雑穀はお好みのもの、なんでもいいです。
私はよく、ハトムギ、赤米、黒米を入れます。
ハトムギは薬膳的に、美肌、むくみに効きますので、必ず入れます(笑)。
今では色々ブレンドされているのが市販であるので便利ですね。
こういうの。
b0261818_18423328.jpg

今回はこのブレンド雑穀を使いました。

お鍋で炊く雑穀ごはんの作り方。(3合分)

1、お米2合を洗い、その後雑穀1合を入れ、一度水をかえ、1時間ほど浸水しておきます。

2、1の水を捨て、3合分の水を入れます。(吹きこぼれそうなお鍋だと、お水はちょっと多めに入れます。)

3、2をお鍋に入れ、強火にかけ、吹いてきたらすぐ弱火にして15分。

4、15分たったら、火を止め、そのまま蓋を取らずに15分蒸らします。

5、蓋を開けて、天地返ししたら、ほかほかご飯のできあ上がりです♪

このご飯で~

b0261818_1850302.jpg

カレー!!
セロリがたっぷり入っています。^^


ところで今日は、今年最初の薬膳教室でした。
今日のテーマは「風邪の養生」。
薬膳はたいてい、病気になってしまったあとに治すのではなく、罹らないように予防したり、病気とまでいかないんだけど、どうも調子が悪い、いわゆる未病の時に、それ以上ひどくならないように、そこで食い止める、というアプローチが基本です。
普段、私たちは「風邪」とひとくくりにしていますが、その症状によって、薬膳では対処の仕方が変わってくるのです。
まず、ゾクゾクっとして、「ん?風邪引いたかな?」くらいの時と、しっかり風邪に罹ってしまった時と、風邪にかかって何日かたって体力を消耗しきったけどもう峠は越したかな、っていう状態。
また、季節によっても、例えば、夏風邪と冬の風邪は全く別物なのです。
それぞれで、対処の仕方が違ってくるんですね~。
ですから、風邪を引いたら、即、葛根湯、というのは間違いなのです。
同じように、ネギや生姜を取らなきゃ、っていうのも場合によっては間違いなのです。
今だに、汗をいっぱいかいたら風邪が治る、って信じている人がいるそうですが、全くの迷信ですからね。^^

で、今日の薬膳料理です。
b0261818_195441.jpg

レシピは書けませんが、メニューだけ。
左が鶏もも肉とネギ、生姜のお粥。
中上が豆類とじゃがいも、キュウリの和風サラダ。
右下が白菜と豆腐のコーンクリームスープ。
写真にはありませんが、他に杏仁豆腐。
後は桂枝(生薬)のお茶。

さて、明日から3連休ですね。
皆様、良い週末を~♪


by mat4yumi | 2013-01-11 19:19 | 料理
<< どんと焼きと燻製牡蠣のパスタ。 娘のチーズケーキ。 >>



家族や犬・ねことの暮らし、お料理、ガーデニング、旅など、日々の暮らしを徒然に。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
シエナの街
from おいしい~Photo Diary
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧