smile days ~ありふれた日々の幸せ~ 

エゾシカ肉料理 part 2

前回に引き続き、鹿料理です♪

さて、先月ですが、我が家でお友達ご夫妻をお呼びしてホームパーティーをしました。
その時の記事はこちらです

この時に、鹿肉でパテを作りました。
我ながら、大作だったので、記録も兼ねてちょっと詳しく書いておきますね。

b0261818_1429524.jpg
これが完成断面図。

まず、ボウルに材料を混ぜます。
b0261818_14305387.jpg
鹿ミンチ肉、炒めたみじん切りの玉ねぎ・ニンニク、卵、赤ワイン、ドライ無花果、蓮の実(ナッツ)、クコの実、塩、胡椒。
粘りが出るまでしっかり混ぜます。


b0261818_14354481.jpg
型に茹でた白菜を敷きます。
その中にまとめた具を、空気が入らないように、きっちり詰め、ローリエをのせます。

b0261818_14381914.jpg
白菜を蓋のようにかぶせます。

この状態でラップをして一晩冷蔵庫で寝かせます。

翌日、冷蔵庫から取り出し、常温に戻してから、オーブンで湯煎で焼きます。
天板にバットなどを置き、ラップを外した型を入れ、中身の半分の高さまでバットにお湯を注ぎ、
アルミフォイルで蓋をして、160度で30分。さらに、アルミフォイルを外してから30分焼きます。

焼き上がり。
b0261818_14442264.jpg


これを型ごと氷水にあて、重石をして冷まします。
b0261818_14461746.jpg


中まで冷めたら、そのまま冷蔵庫で休ませたら、完成です♪

余談ですが、パテとテリーヌの違いを。
パテというのは、元々はパイ生地で包んで焼いた物を言っていましたが、
今では、今回の私が作ったもののように、野菜やベーコンなど、
何かに包んでいればパテと呼ばれています。
一方、テリーヌは何も回りを包まず、具だけを焼くものを言います。

けれど、最近では、パテもテリーヌも区別せず、とても曖昧な使われ方をしているので、
正直、どちらで呼んでも構わないと、私は思います。
そうそう、パテとリエットも混同されてますしね~。
リエットは固形ではなくすり潰したもので、パンなどに塗って頂くものです。

ま、特に神経質に区別しなくても良い、ということですね。

鹿肉祭り、もうちょっとだけ、お付き合いくださいませ!



[PR]
by mat4yumi | 2013-11-11 15:02 | 料理
<< 鹿肉料理 part 3♪ ジビエの季節になりました。エゾ... >>



家族や犬・ねことの暮らし、お料理、ガーデニング、旅など、日々の暮らしを徒然に。

by sungitta
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
シエナの街
from おいしい~Photo Diary
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧